読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

原口が樫村

不安や悩みを抱えている患者から見ると優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、覚えておかなければいけない仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。ですから、介護士によっては鬱を発症するケースも今では珍しくありません。介護士に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。



どういった場合に、介護士がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、回復して退院した患者さんが、後に改めて介護施設まであいさつにきてくれた時です。それから、患者さんの家族の人たちに何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、介護士になって良かった、と実感します。


介護士の仕事はとにかくつらいハードワークなのは間違いがありません。そういう訳で、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、退職したいと考えるだろうと思います。
実は、介護士にはちゃんとした階級が存在するのです。トップに位置するのは、介護施設によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総介護士長といわれる階級です。実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、一目置かれ、認められるような存在になることが重要でしょう。もちろん、階級が上がればその分、収入も増えます。


介護施設などで介護士という仕事に就いていると、もちろん辞めたくなることもままあります。お仕事に関する失敗だけでなく患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。

ただ、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと感じることも多くあります。



時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。

介護士は高収入だというイメージが強いです。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など大変な仕事ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて高収入を続けやすいことが目立ちます。

また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。
高給が約束された安定した業種としては介護士は他にないくらい優秀な職業だと言えます。
普通のサラリーマンやOLと違い、介護士の仕事時間は交代制で夜勤があります。当然、休みはきちんともらえますけれど、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大勢いる、というのが現実です。

例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらいつでも託児を引き受けてくれる場所がないとそもそも夜勤などはできないものです。
ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため職場に戻ってきたりする人も徐々に増えつつあるようです。友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気を治療するためいったん退職しました。でも、病気を治したら早めに復職して介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。
空白期間が出来ても、役に立つ資格があったら復帰も早いと思います。私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。
介護士として患者から信頼してもらうためにも、介護士はその外見に問題がないのか気を付けておくことが大切です。



メイクをする女性の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが一番良いでしょう。



ノーメイクという訳でもありませんから、周囲の人が感じる印象も良くなるでしょう。



一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますから「ローンを組みたい」という時でも審査で引っかかるということは殆どないでしょう。


けれども、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の介護士だとそう簡単にはいかないかもしれません。


簡単にローンを組めるのは正規の職員として雇用されている介護士のように、安定している場合なので、非常勤で働いている介護士に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、介護施設利用者も増加して、介護士もますます大変になっています。厳しい労働環境の中で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、残念なことですが、過労死してしまった介護士もいるのです。
夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、介護施設を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて介護士需要は高まるばかりで、介護士の働く現場では、どこも大変過酷なようです。


病棟勤務の介護士は12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって誰もが夜勤を経験します。



夜勤においては現場から医師や介護士も減ってしまいますし、そんな状態で夜間に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おそらく日勤を超えるでしょう。


職業上、介護士という立場では煙草を嗜む人がそれほど多くないという印象を受けますよね。



実際にはそのイメージ通りに平均的な禁煙率よりも、介護士の喫煙率は少ないそうです。

介護施設で勤める以上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識的に禁煙している人が増えていることが見て取れます。


介護士としての働き方はいろいろあります。
正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。どのくらいの額かといいますと夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが世間の相場みたいですね。時間いくらのパート勤務にしては結構良いように思えますが、介護機関で働く専門職ですし、かなりの激務をこなしていることを思うと、金額的に少々不満です。
介護士を志したのは中学での職業体験でのことでした。
介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに衝撃を受けたからです。大人になったら、こんな風に働きたいというように思い続けてそこから看護学校へ進み、介護士になることが出来ました。



楽しいことばかりではありませんが、おおむね満足した日々を過ごしています。介護施設では、介護士が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を直接、顔を合わせて報告説明する決まりです患者さんに関する大変重要な情報も含むので、内容が相手に100パーセント伝わるよう報告しなければなりません。
あまり時間をかけず、要領よくこなすということも求められます。介護士の収入については、労働者全般と比べると、少なくとも平均年収においては確実に、介護士の方が上回るといいます。

介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく需要はいつでもある訳ですから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような役得もあるようです。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、働きやすい良好な環境にいる介護士は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。

昔読んだ本の影響で、介護士になりたいと思っていました。

しかし、色々と事情があって就職し、会社員としてしばらく働きました。



ですが、介護士の夢を諦めきれませんでした。
転職して、無資格で介護関係の仕事に就くということも出来たのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、実際に看護助手の立場で働きながら介護士の資格が取れる方法があると分かりました。

諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。常日頃、介護士とて奮闘していて、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。他と比べるとまあまあゆったりしている診療科としては、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。
ですが、どういった介護施設か、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事の内容は全く変わってきます。
学校は看護学校を卒業しました。そして介護施設勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。


辞める時には、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、「転職しよう」と決めたのです。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことが当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。今、私は介護施設事務の仕事をしています。

普段、介護士さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが常にみなさん忙しく働かれています。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。



ですが、予想よりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、なんと子供を連れてきている介護士さんが相当いるんですよ。参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。
今日のところ、日本ではインドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人介護士候補生の受け入れを行っています。
けれども、日本語で作製された介護士の国家試験を受験し、仮に、3年かかっても不合格だった時には、自国に帰らなければならないのです。

勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる介護士長の仕事と言えば、介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職の年収とはいえ大企業と中小企業で変わることから分かるように、勤めている介護施設の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。


あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。具体的には、最も収入の良い公立介護施設に勤めた時の年収は、およそ750万円程度だとみられます。病棟勤務と外来勤務では、介護士の作業内容はまったく違ってくるものです。
そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。
そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、そういった得意な事を最大限生かすことが可能になる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。
また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。

行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。介護士の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。

そして、病棟勤務とは違って、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。

外来勤務が忙しくなるかどうかは、介護施設による部分もありますが、特に大介護施設や、人気の診療科などがあると多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、介護士は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。求められるスキルもどういった介護施設か、診療科はどこかによって違ってきます。
正職員やパート、派遣といったように、介護士の働き方も色々ではありますが、結局、大多数の介護士は介護施設で働いております。けれど、介護士だからといって介護施設で働く必要はなく、介護施設の外でも、いくつも介護士の手を必要としている職場はあり、具体的には、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。
つまり介護士であれば、介護施設ではなくても介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。


ライフステージに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。

多くの介護士は、病気を患っている患者やその家族と接する機会が多いため、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮することをおススメします。患者からどう見えているのかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが良いでしょう。

熊本県水俣市 新水俣駅 医療事務急募

また、介護施設によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを知っておいた方が良いでしょう。介護士資格の最大の利点は、結局のところ、たとえブランクがあったとしても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。

理由として、介護士が専門職だからということと人手不足であるということが大きくかかわっていると言えます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ時と場合によりたとえ50代でも介護士として再就職が出来るのです。

街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。このイベントに参加する介護士の方は少なくありません。

同僚の大多数が女性、ということも多く、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を見つける目的などのある介護士が、街コンに参戦しています。街コンにおいても、「介護士」という仕事は人気が高いです。

しかし、たとえカップルが成立しても休日が合わないために結果として、破局、ということもままあるようです。治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、職場においての有用性、必要性は高く、大きなやりがいを得られる仕事の一つです。


入院施設のある介護施設でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく介護士もいる必要があります。

そのため、業務は日勤と夜勤という形に交代で勤務することになっています。


夜勤業務があるので、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。介護士の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。

普通の業務だけでも多忙を極めるのに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残業を強いられることがままあります。
ですが、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。

少し前まで愚痴を言っていたような人がぱっと笑顔を作れるのですから介護士のその様子はまるで女優のようです。