読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナガアゲハでニッキー

介護士が活躍できる場所は、介護施設以外にもあります。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも介護士は必要とされています。こういったグループホームに入所している方は、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、十分留意したうえで関わらなければなりません。
特に介護関連に興味があるという場合は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみると良いでしょう。看護のスペシャリスト、介護士になろうとする場合、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。

それから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて介護士ということになるのです。

ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、たやすい部類に入るのではないでしょうか。



介護士を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護大学や学部の人気が高まっているようです。オン、オフの期間を調整できて、やりたい仕事をかなり自由に選択可能、というのが介護士という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。仕事は、単発のものや短期のもの、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。



ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職活動をしてみてはいかがでしょうか。

すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、介護士は忙しくなるばかりです。
介護士らの労働環境はあまり良くはなく、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死してしまった介護士もいたのです。夜勤のない職場に移ったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、介護士需要は高まるばかりで、高齢化社会のつけを介護士が一身に引き受けるような形にもなっています。もし、介護士が外科を勤務先として選択した場合の長所と短所を理解しておきましょう。これから手術を受ける患者や手術が終わった後の患者の看護を通して、とても勉強になります。

考えられる短所はといえば、対応しなければならない患者が短期間のうちに変わっていくので、長い間落ち着いて患者の看護を実践するのが難しいことです。日夜、介護士として厳しい仕事を続けていると、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。


そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと考えるようになってもおかしくありません。


他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。

ところが、専門性の高さですとか、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、ハードさの度合いは違ってくるはずです。介護士の資格というものの最も強みとなる点はというと、なんといってもたとえブランクがあったとしても、再度、介護士として雇ってもらえるということでしょう。なぜそのようなことが可能かというと、介護士の職業が専門職であるからという理由と現場の人手不足の問題が少なからず関係しています。
どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。
介護士と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、介護士がいなければ介護施設内で仕事が回らないほどであり、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。病棟のある介護施設では当然、24時間体制ですから、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。そこで、日勤業務と夜勤業務に分けられてシフトを組んで交代でこなしていきます。他の交代制のお仕事と同様、多少強引にでも時間の調整をしなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。



受験資格を得て、合格後、介護士として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。
大学の特徴を挙げると、最先端の介護について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と介護以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。


他方、専門学校に関しては、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。
加えて、学費の面についても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。
一般的に、同じ介護施設で長く勤めて実績を積んでいくと昇進します。婦長といえばその役職も想像がつきやすいですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。最近では、学生やパートの介護士も多くなっていますので、国家試験をパスした正看ともなればそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。


実は、介護士でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、国公立介護施設や公立機関で働くという方法です。
介護士は専門的な知識が求められ、長期間働ける業種で高い人気がありますが、なおかつ公務員にもなれたら安定性は確実です。給与や賞与が安定してもらえ、福利厚生の手厚さや解雇の心配が少ないのは魅力的ですよね。言うまでもなく、介護士の仕事というのはきついものであり、辛いと感じることも多いでしょう。
特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに多くの介護士が自然な生活のサイクルを失い、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。
ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、心身への負担をしみじみと実感してしまうことはあります。介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる介護士の指導などで、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。



課長職といっても年収も勤める企業の規模で全く違ってくるように、介護施設の規模の大きさで介護士の年収もそれぞれ違いがあります。
そのほかの影響として、公立介護施設と民間介護施設、地域の格差等が影響しています。稼ぎの良い公立介護施設に勤めるケースではおよそ750万円程度だと言われているようです。
皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。



内実は夜勤の手当に依るところが大きいことによって総額が上がっている場合が多いです。あなたがもしも、より高い給与を介護士の仕事で得たいのならば、日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤で働けるところにしましょう。夜勤で勤務できるかどうかで給料の額は違ってきます。


介護施設で病棟勤務に就いている介護士なら2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて誰もが夜勤を経験します。

夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて医師と介護士も含め、人員がだいぶいなくなり、また、夜中になって眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。
かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おそらく日勤を超えるでしょう。ちょっと前までは介護士は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近頃では少しずつ介護士を志す男性も増えてきています。

実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴介助の場面など、案外力仕事も要求されますから、男性介護士の活躍する場面は多々あります。

年収については、女性の場合と一緒ですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より多くの経験を積むことが出来ます。

常に激務に晒されている印象のある介護士というお仕事ですが、その勤務時間は、実は意外と調整しやすいようになっています。

シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながら無理のない働き方が可能である、と思えるようです。
子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、なんとか対応していける主な理由は、きっと介護士という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。

なお他業種同様、8時間勤務が基本です。

一般に高給取りだとされている介護士ですが、その給料はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人介護施設、大学介護施設、公立介護施設など勤め先はいろいろあります。
退職する時に出る手当である、退職金については、地方公共団体などにより開設された公立介護施設、または国立介護施設であるなら、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。
秋田県秋田市 羽後牛島駅 ホームヘルパー募集中



翻って個人介護施設の状況ですが、介護施設にもよりますが、たいていは退職金の取り決めがはっきりしていないようで、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。公立介護施設なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。

介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。

慢性的に介護士の数が足りない、とする介護機関は多く、需要は高まる一方で、結果として、求人が大変多いわけです。

今いる職場において、そこでの扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。


そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、単に給料や労働条件だけを見ないで、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。

夜勤を含めた交代勤務が必須など大変な仕事を抱える介護士ですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。

入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を責任もって申し送りをする介護士に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。

簡単な伝言で済むレベルのものもよくありますが、患者の生死に関わる重要な情報については重い責任の仕事だと言えます。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、介護士の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。
ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。ところで介護士であるからには、介護の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態がどうか、ということのみならず、自分自身の身体や健康についても状態を自覚したりできるようになります。
皆さんご存知のように、介護士は離職者が多い職業ですので、転職率も同じように高い傾向があります。ですので、介護士だけを対象にした転職サイトなども存在しているのです。
専用の転職サイトなら、手間なく希望通りの求人を探すことが出来るので、現役の介護士には最適な転職サイトだと言えるでしょう。



たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを併用して、より良い転職先を見付けましょう。看護学校を卒業してすぐに働いた介護施設では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、介護士は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。でもよくよく考えてみて、どうしても自分にはこの仕事しかない、と思えたので、転職という選択をすることにしたのでした。
決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがいやでも思い知らされた出来事でした。

社会に出たばかりの新卒介護士や、転職してきたばかりの介護士に対し、経験不足を理由に、介護施設によりますが、残業代がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、新人だということは何の言い訳にもならずはっきりと労基法に違反しているのです。行なった残業は、労働には違いありません。なので、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。介護士は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子持ちの介護士からするとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。
小学生になる前の子供だったら、24時間保育を実施している保育所を利用したり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。ですから、子育て中の介護士の中にはパート勤務に移行していくという方も相当数いると思われます。

夜勤は介護士にとって避けられるものではありませんが、体の健康を害してしまうのであれば、日勤のみが可能な職場もあります。注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く介護士と比べて収入が減ってしまう事があります。

今の収入を減らしてでも、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。介護士の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。



普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、仕方なく残業することも日常茶飯事です。けれども、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。



少し前まで愚痴を言っていたような人がぱっと笑顔を作れるのですから介護士のその様子はまるで女優のようです。

介護士として働いて、もう数年になります。

それで、気がついたことと言えば、介護士は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。



喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、少しずつ介護士の世界でも喫煙する人は減ってきたようですが、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。

こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。



国家資格を有した正看になるためには、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが条件です。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、こうした専門学校に合格するための予備校に通う人も増えています。
准介護士に限らず、働きながら正介護士の資格を取ろうとする場合は、通信で学べる学校も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。

介護士は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、なかなかリラックスできる暇などなく、そのために大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。


なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を探し出せるかどうかというのは、介護士というハードな仕事を続けていくためには大事な点になるでしょう。